お見合い成功率90%の男性に聞く、婚活体験談

お見合い成功率は小ワザの積み重ねで上げることができる

それでは、こちらの男性(Kさんとします。)簡単にプロフィールの紹介からさせていただきます。
名前:Kさん  年齢:35歳  職業:不動産  年収:500万~600万
学歴:高卒   婚姻歴:あり(子なし)

小ワザその①

~考えられるリスクを減らす~

婚活をしたことがない方や、お見合いをしたことがない方へ先に説明すると、お見合いはホテルのラウンジで行われます。

そして、土日の利用や、平日の夕方以降がお見合いをする時間帯に選ばれることが多いです。
席数関係なく、アクセスの良い駅にあるホテルは非常に利用者が多く(新宿、渋谷、品川)混みあっています。席が空くまで待つこともありますし、事前に予約ができるカフェラウンジもあります。
新宿の京王プラザホテルはお見合いのメッカとも呼ばれている程です。

ここで小ワザのひとつ、“考えられるリスクを減らす”為にKさんは、お見合い場所に30分前に行ってお席の確保をします。(結婚相談所のルールでは、10分前に行けばOK)

そして、店員さんに空席状況の確認をします。
待っている間は、読書をしながら女性を待つのだそうです。

≪ポイント≫

・スムーズに出会いから始められるようにしている
(席が空いていなくて・・・と、気まずい空気が流れるリスクを減らせる)
・待っている間は、いつ女性が来てもいいように横柄な態度に見られない様にする
(スマートフォンを触りながら足を組む、腕を組むなどで初対面のイメージが悪くならないリスク回避)
・先に店員さんに空席状況をしながら話しやすそうな席を調べて聞いておくことができる
(隣との距離が空いている、窓際で景色が良く見えるなど)

小ワザその➁

~第一印象勝負!最高に真摯なあいさつとエスコート~

女性が待ち合わせ場所に到着した時は、必ず自分から声を掛け、あいさつをしてから席にリードをします。

「〇〇さんですか?Kと申します!今日はよろしくお願いします!」
と、あいさつを済ませ、席に座るまでに段差があったら声を掛けて教えてあげ、先に女性を「どうぞ」と、座らせます。

その後、飲み物の注文を聞いてから、軽く手をあげて店員さんにオーダーを済ませます。

そして、改めて
「初めまして!本日は、わざわざ足を運んで頂いてありがとうございます!」
と、笑顔で低姿勢を心掛けたあいさつをしているのだそうです。

≪ポイント≫

・初対面の印象を良くすることだけを考えてあいさつは真摯にしている
(第一印象でつまずくと、スタートからその人の殻を破るのに時間がかかる、壁を作られてしまうから)
・初対面の印象が悪いと100%出会いに繋がらないと思っている
(お見合いが成立していることを無駄にしない為の心掛け)
・スムーズなエスコートで相手に気を遣わせない配慮
(過ごしやすい雰囲気を作ることで安心してもらえる)

小ワザその➂

~聞くに徹して、共通している価値観を探る~

実は、話すのがあまり得意ではないKさん。
とにかく“聞く、共感、褒めるところをみつける”ことに徹するのだそうです。
褒めるところを考えているのは、質問がしやすいからだそうです。
例:「仕事は何をしているのか?」「趣味や興味のあること」

後は、共通している価値観を見つけて距離を縮められるようにしているとのことでした。
(お酒が好き、和食が好き、映画が好きなど)

そして、プロフィールに書きましたが、Kさんは再婚になります。
お見合いの時に自分の口から必ずお相手に伝えることにしているのだそうです。

なぜなら、お相手が「気になっているだろう」という部分は、しっかりと自分で伝えることで誠実さに繋がりやすくなるからです。

≪ポイント≫

・自分のアピール重視よりも相手を尊重して話を聞く
(心を開いてほしいから)
・聞く姿勢を意識して空気感や雰囲気を大事にする
(フィーリングが合うかどうかの判断が十分にできるから)
・信用に繋がる為に嘘や誤魔化しはしない
(見栄や虚勢は貼らずに、自然体でいる)

~最後に~

いかがでしたでしょうか?Kさんのお見合い成功率とは、相手のことを最大に考えているからこそ生まれている結果と言うことが、お分かりになって頂けたと思います。
最後にテクニックとして、お見合い後に「もう一度会いたい」と思った女性には、「一緒に食事に行きたいですね」と伝えてから解散するのだそうです。

お見合い成功率90%は、こんな努力がありました。

投稿を作成しました 63

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る