婚活がなかなかうまくいかない結婚できない男性の特徴

婚活がうまくいかない男性の性格

婚活がうまくいかない男性は、ちょっと内気な性格の方がおおいようです。

ほとんどの女性は男性にリードしてもらいたいと思っているもの
意外とバツイチの男性がモテるのも「大人の余裕」があって頼もしく見えるからかもしれません。

大人の余裕ってどうすれば身につくのでしょう?

もちろん年齢によって様々な経験を重ねることで自然と身についていくものでしょう。けれどやはり婚活中の男子は大人の余裕を身に付けたいと思っているんじゃないでしょうか。そこで

女の子が年上男性に「大人の余裕」を感じる瞬間

 

他人の失敗を嫌な顔ひとつせずフォローしていたとき

「フォローしたあとに、恩着せがましいことも言わないからステキ」(20代女性)というように、他人の失敗を自らすすんでフォローする姿に大人の余裕を感じる女の子もいます。他人を責めず、もくもくと後処理に当たり、ミスした人もケアするとより魅力的に見えるでしょう。

 

女の子に負担を感じさせずにデート代を精算してくれたとき

「気づいたときには支払いをすませていた」(20代女性)というように、会計をスマートにすませる姿にグッとくるようです。女の子が「ワリカンにする?」と聞く前に払っておいたり、電子マネーでササッと会計をすませるなどの工夫をするといいかもしれません。

八つ当たりをしたのに、笑顔でそれを受け止めてくれたとき

『わざと無茶なことを言ってるんだろ』ってわかってる感じ」(20代女性)というように、理不尽な言葉を笑顔で受け止める男性に、年下の女の子は心の広さを感じるようです。何を言われてもオドオドせず、にこやかに構えていると、女の子も安心してかわいいワガママを言うことができるでしょう。

とりとめのない話を、にこやかに聞いてくれたとき

「しょーもない話だって自分でもわかってるから、嬉しい」(10代女性)というように、どんな話にも笑顔で付き合ってくれるのが「大人の男」だという女の子もいます。笑顔に加え、ウンウン頷いたり、あいづちを打ったりすると興味を持っていることを分かってもらえそうです。

悩み相談の後、「何かあったらまた言ってね」と言ってくれたとき

「その一言に、すっごく頼りがいを感じる」(20代女性)というように、どんな悩みでも真剣に聞いてくれる男性に、「気持ちのゆとり」を感じるケースです。悩み相談を受けたときは、相手が話し終わるまできちんと耳を傾け、最後に「何かあったらまた言ってね」と付け加えると、女の子をホッとさせてあげられるでしょう。

ドアを開ける、荷物を持つなど、当然のようにレディファーストを心がけてくれたとき

「大人の男性には、ぎこちなさがない」(30代女性)というように、ごく自然にレディファーストを実践できる男性を魅力的に感じる女の子もいます。気になる女の子だけでなく、出会った女の子すべてにするように心がければ、スマートにできるようになりそうです。

つまり大人の余裕って相手をいたわれる心の広さや、少しのことでは動じない強さのことなんですね